アフィリエイト初心者が気をつけたいブログの書方

>

広告のもらい方とアフィリエイトの種類

広告はどのようにもらえば良いのでしょう?

では、貼り付ける広告はどうやって仕入れてくるのでしょう?
イベントのポスターなどでは企業名を載せたり、パンフレットに会社のロゴなどを載せたりするために、企業からデータを貰いますが、アフィリエイトの場合はどうでしょう。

ASPというサイトをご存知でしょうか?
アプリケーションサービスプロバイダの略で、アプリケーションソフト等のサービスをネットワーク経由で提供するプロバイダの事を言います。
広告を出したい企業と、自分のサイトに広告を貼り付けたいブロガー達(アフィリエイターと呼びます)の仲介をしてくれるサイトです。

ASPには複数の企業が登録しているだけでなく、広告を扱う代理店的なサイトがいくつかあります。
サイトに登録すれば、自分の欲しい広告を選んでブログに貼り付けることが可能です。

広告をもらえるサイトをご紹介

メジャーなサイト名を載せます。

A8.net =ASPの大手といわれています。
afb(アフィリエイトb)=利用者の満足度が高いと言われるASPです。
バリューコマース=案件数が大変多いといわれています。
アクセストレード=通信系に強いと言われています。
もしもアフィリエイト=アマゾンや楽天のアフィリエイトはこれです。

初心者にはあまり違いが分かりませんが、この中で大きく違うのはA8.netです。
基本的にASPの登録をするには、既に自分のサイトを持っている事が条件ですが、A8.netはサイトを持っていなくても登録が可能なのです。

もし、これからアフィリエイトを始める方で自分のサイトをまだ持っていない方でもまずA8.netの登録は済ませておく事が可能です。


シェアする